津軽為信

つがるためのぶ ( tsugaru-tamenobu )
1550 〜 1607


津軽為信 年表



津軽為信。出自は南部氏の一族の久慈氏とも。 大浦守信の子とも。
大浦為則の娘を娶り家督を継ぐ。南部氏と対立し、 1571年石川高信を追放。 各地に侵攻して勢力を拡大。為信は津軽地方を統一する。
1582年南部晴政が没すると家督争いが起こり、 高信の子の信直が家督を継いでしまい、独立。 南部氏と争いつつ、豊臣秀吉に接近。 1590年小田原征伐の際に謁見し、三万石を安堵。 1592年からの朝鮮派兵に従軍し、 1594年の伏見城普請にて功をあげる。
1600年関ヶ原の戦いでは東軍に属すが、 本国で家臣が謀反。戦後に鎮圧し、1603年に弘前城の築城を開始。 1607年、嫡男の信健の病没後、間もなく没してしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

津軽為信 グッズ

津軽為信 グッズ

津軽為信