筒井順慶

つついじゅんけい ( tsutsui-junkei )
1549 〜 1584


筒井順慶 年表



筒井順慶。父は順昭。はじめ藤勝、藤政と名乗る。
1550年、父の病死により、わずか二歳で家督を継ぐ。 父の弟の順政慈明寺順国に補佐されて統治するが、 1560年松永久秀の大和国侵攻が本格化し、 1565年に領地を追われてしまう。
1566年三好三人衆と結んで久秀に反撃。 領地を奪い返して得度。筒井順慶と名乗る。 久秀織田信長に従うようになり一進一退となるが、 1571年に破り、 明智光秀らの紹介で信長に従い所領を安堵。
各地を転戦して1576年、大和国守護に任じられ、 1577年久秀の謀反に対して先鋒を務める。 さらに転戦し、1580年、大和郡山城を築城して移転。 1582年光秀が謀反。 本能寺にて信長が討たれると、 筒井順慶は教養人として親交のある光秀に誘われるが、 山崎の戦い羽柴秀吉に従い所領を安堵される。

他の戦国武将歴史年表を探す

筒井順慶 グッズ

筒井順慶 グッズ

筒井順慶