筒井定次

つついさだつぐ ( tsutsui-sadatsugu )
1562 〜 1615


筒井定次 年表



筒井定次。慈明寺順国の二男。
父の兄の子で当主の順慶に子がいないことから養子となる。 人質として大坂城に入り豊臣秀吉に仕え、1584年、跡を継ぐ。 大和郡山城主として同年小牧、長久手の戦いに従軍し、 1585年紀州征伐四国征伐に従軍して功をあげ、伊賀国上野に移封。 上野城を築城するが、1586年、 家臣の中坊秀祐島左近が争うと、 専横する秀祐に有利な裁定を下し、左近が出奔してしまう。
筒井定次は1586年からの九州征伐1590年小田原征伐1592年からの朝鮮派兵に従軍。 1600年関ヶ原の戦いでは東軍に属して所領を安堵されるが、 1608年秀祐の訴えにより改易。 1615年大坂の陣にて内通を理由に筒井定次は自害を命じられてしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

筒井定次 グッズ

筒井定次 グッズ

筒井定次