植村家存

うえむらいえさだ ( uemura-iesada )
1541 〜 1577


植村家存 年表



植村家存。父は氏明。 三河国の徳川家康に仕える。
1552年、父の跡を継ぐ。 1562年の清洲同盟の際に清洲城に向かう家康の護衛を務める。
それからは酒井忠次石川家成石川数正らと共に家老となり、三河国、遠江国の平定に活躍する。
ちなみに孫の家政は、 五百石の旗本から徳川秀忠の小姓を経て出世し、 1640年に大和国高取藩の初代藩主となる。

他の戦国武将歴史年表を探す

植村家存 グッズ

植村家存 グッズ

植村家存