植村泰忠

うえむらやすただ ( uemura-yasutada )
1540 〜 1611


植村泰忠 年表



植村泰忠。父は泰職
幼少に父を亡くし三河国鳳来寺薬師堂の僧となり安養院と名乗る。 1570年三方ヶ原の戦いにて僧兵を率いて徳川家康に加担。 これにより還俗し、家康に仕える。
1590年小田原の役にて武蔵国岩槻城攻めに従軍。 このとき功をあげ、家康の関東入りに従い、上総国夷隅郡勝浦に三千石賜る。 1600年関ヶ原の戦いでは、 徳川秀忠上田城攻めに従軍し、二千石加増される。
その後は勝浦の経営に努めて市を開き、現在の朝市につながっていく。

他の戦国武将歴史年表を探す

植村泰忠 グッズ

植村泰忠 グッズ

植村泰忠