上杉謙信

うえすぎけんしん ( uesugi-kenshin )
1530 〜 1578


上杉謙信 年表



上杉謙信。長尾景虎。祖先は桓武平氏の流れを汲む坂東八平氏の一つ。 上杉謙信は越後守護代長尾為景の末子。幼名虎千代。 父の死後1536年に春日山の林泉寺に預けられる。
1543年に病弱で器量が無く、 諸将が従わない兄晴景の越後中部の確保と諸将牽制のため、上杉謙信は栃尾城に入り平定する。 その後兄晴景長尾政景と対立。
1548年越後守護上杉定実の調停により、 晴景の跡を継ぐ形で春日山城に入り、家督を継ぐ。 1551年には長尾政景と講和し、 姉の仙桃院を嫁がせる(のちに米沢藩主上杉景勝が誕生)
1553年、領土を追われた村上義清の要請をうけ、 武田信玄と信濃川中島で対立。 また同年上洛。 1555年再び川中島にて 信玄と対陣。 これに家臣、国人らの不満が高まり、景虎は隠退を決意し比叡山に向かう。 これには家臣一同が再び忠誠を誓うことで帰国。
関東管領上杉憲政北条氏により関東を追われ、 越後に逃れて五年の1557年に、上杉憲政がもつ 関東管領職、系譜、重宝などを景虎に伝えようとするので、 1559年に再度上洛し、将軍足利義輝の許しを得る。 この間に名称が長尾景虎から上杉政虎、上杉輝虎と変わる。
関東管領職を得て、関東を侵す北条氏撃退の名目を得た謙信は、 1561年四月小田原城を攻める。 しかし、北条氏康の反攻に遭い、引き揚げる。また謙信は、 八月川中島武田信玄と対陣。 その後、謙信は関東に、信濃にと、出兵を繰り返す。
1572年信玄が京へ軍を起こすと、 謙信は織田信長と同盟。越中を攻略。翌1573年に越中を平定。 同年謙信は信長との同盟関係を断交、 本願寺と同盟を結び、 1577年上杉謙信は、 加賀手取川の戦い織田勢を破る。
しかし、1578年関東への出陣を前に謙信は三月十三日、脳溢血で急逝。

他の戦国武将歴史年表を探す


楽天で上杉謙信 グッズ

上杉謙信 グッズ

上杉謙信