氏家行広

うじいえゆきひろ ( ujiie-yukihiro )
1546 〜 1615


氏家行広 年表



氏家行広。父は西美濃三人衆のひとり、卜全こと直元。 兄は直昌
尾張国の織田信長に仕え、 1582年本能寺の変の後は、 織田信孝に仕える。 しかし、信孝羽柴秀吉 (豊臣秀吉)と対立すると秀吉に仕え、 1583年、氏家行広は兄の跡を継いで美濃国大垣城主となる。
氏家行広は翌1584年、美濃国三塚城主一万五千石を賜り、 1590年小田原征伐に従軍し、 伊勢国桑名城主二万二千石に加増される。
1600年関ヶ原の戦いでは中立を保とうとするが、 西軍の軍勢が迫り、やむなく西軍に属すが、戦後に改易されてしまう。氏家行広は浪人の末、道喜と名を変え、 1614年大坂冬の陣で大坂城に入城。 豊臣秀頼に仕える。 このとき徳川家康から十万石での仕官の誘いを受けるが固辞し、 1615年大坂夏の陣にて大坂城落城の際、 秀頼に殉じて自害する。

他の戦国武将歴史年表を探す

氏家行広 グッズ

氏家行広 グッズ

氏家行広