宇喜多直家

うきたなおいえ ( ukita-naoie )
1529 〜 1581


宇喜多直家 年表



宇喜多直家。五大老宇喜多秀家の父。 父は興家。祖父は能家。 若くして祖父、父と次々に亡くし、はじめ浦上氏の家人になる。
この頃東備前で台頭してきた浦上氏に対し、 西では松田氏が台頭。 そのため、長年にわたって両氏は対立。そのなかで着々と勢力を拡大し、 1559年頃には、 主家浦上氏に代わって実権を握る。
1567年備前に押し寄せる三村元親を退け、 1568年いまだ対立中の松田元輝をその居城金川城にて攻略。 滅亡させる。また、1575年には三村元親を討つ。
1577年直家は、主家の浦上宗景を追放。 備前、美作と領地を拡げるが、織田信長の家臣 羽柴秀吉(豊臣秀吉)の中国侵攻が始まり、 当初毛利氏の先陣を務めるが、 やがて秀吉に通じ、毛利攻略の先鋒を務める。 その後、1581年二月十四日、病気に侵され、岡山城で亡くなってしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す


楽天で宇喜多直家 グッズ

宇喜多直家 グッズ

宇喜多直家