梅北国兼

うめきたくにかね ( umekita-kunikane )
???? 〜 1592


梅北国兼 年表



梅北国兼。島津氏に仕える。
戦での活躍を認められ、大隈国山田の地頭に任じられて大友氏との戦いで活躍。 1580年に薩摩国湯之尾の地頭に任じられる。
しかし1592年文禄の役への出兵途中、 肥後国葦北郡佐敷で船待ちと欺き、加藤清正が朝鮮に渡っている留守を狙い佐敷城を占拠。 他の島津家臣や阿蘇家臣、農民や町人が加わった。
この一揆は梅北一揆と呼ばれ、 留守を任されていた清正の家臣などに鎮圧されるが、 国兼は大隈国山田では神として祀られ、現在、鹿児島県姶良市北山には同姓の神社が存在する。

他の戦国武将歴史年表を探す

梅北国兼 グッズ

梅北国兼 グッズ

梅北国兼