浦上宗助

うらがみむねすけ ( uragami-munesuke )
???? 〜 ????


浦上宗助 年表



浦上宗助。父は則永。父の弟に則宗赤松政則に仕える。
1441年嘉吉の乱にて、 赤松満祐が恐怖政治の第六代将軍、足利義教を暗殺し、没落。 父は誅殺を恐れて信濃国に逃亡した為、則宗が家督を継ぐ。 1457年赤松氏の再興が許されると、 政則に仕える。
出世を重ねる則宗に冷遇される日々が続くが、1485年松田氏との戦で則宗の子らが戦死すると留守役を預かるなど、 浦上宗助は備前国の領国経営を任されるようになり、 宇喜多氏などの備前国衆を実質的に支配下に置くようになる。

他の戦国武将歴史年表を探す

浦上宗助 グッズ

浦上宗助 グッズ

浦上宗助