宇都宮広綱

うつのみやひろつな ( utsunomiya-hirotsuna )
1543 〜 ????


宇都宮広綱 年表



宇都宮広綱。父は下野国二十代目の尚綱
1549年那須高資が侵攻してくると、 父は喜連川に出陣。 戦は優勢に展開するが、高資の奇襲により混乱。 父はこれを収めようと前線に出たところを討たれてしまい、 絶大な権力を誇る重臣、壬生綱房によって居城の宇都宮城は乗っ取られてしまう。
幼少の広綱は、芳賀高定に守られて真岡城に落ち延びる。 それからは高定の補佐を受け、 1551年高資を謀略で討ち。 1555年には同様に父の仇の芳賀高継を暗殺。 また、綱房が急死したことにより、1557年、 広綱は壬生氏から宇都宮城を奪還する。
それからは上杉謙信佐竹義重などと親密にし、 北条氏の関東進出に対抗。 しかし元来病弱であった為、1576年頃に若くして亡くなってしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

宇都宮広綱 グッズ

宇都宮広綱 グッズ

宇都宮広綱