宇都宮尚綱

うつのみやひさつな ( utsunomiya-hisatsuna )
1512 〜 1549


宇都宮尚綱 年表



宇都宮尚綱。父は下野国の宇都宮氏中興の祖。十七代目の成綱。 兄に忠綱。弟に興綱。 尚綱は結城政朝の娘を妻に迎える。
慈心院の僧として過ごすが、兄と弟が権力をほしいままにする芳賀高経壬生綱房らに自害させられると、 1536年、還俗させられて二十代目となる。 やがて高経綱房が不和になり、 高経が敵対する小山氏と結ぶと、 1541年綱房らと共に高経を討ち、 その子の高照を追放して芳賀高定に跡を継がせるが、 同時に綱房の台頭を許してしまい、 武茂氏塩谷氏などの離反を招いてしまう。
高照を招いた那須高資が、 1549年に侵攻してくると、宇都宮尚綱は喜連川に出陣。 戦は優勢に展開するが、高資の奇襲により混乱。 宇都宮尚綱はこれを収めようと前線に出たところを討たれてしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

宇都宮尚綱 グッズ

宇都宮尚綱 グッズ

宇都宮尚綱