宇都宮成綱

うつのみやしげつな ( utsunomiya-shigetsuna )
1468 〜 1516


宇都宮成綱 年表



宇都宮成綱。父は下野国の宇都宮氏十六代目、正綱。 没落した宇都宮氏を立て直した中興の祖。北関東の覇者。 古河公方、足利成氏から一字賜り、 公方の縁者、上杉顕実の娘を妻に迎える。
宇都宮成綱は1477年に跡を継ぎ、十七代目となるが、若年のため軽視され、重臣の専横が強まる。 台頭を狙う武茂氏が謀反を起こすと、芳賀氏と共に鎮圧。 これにより宇都宮成綱は芳賀景益の補佐を得て、 一族で断絶している武茂氏塩谷氏に弟を養子に送り、 支配を強化。また、下総国の結城政朝には姉を嫁がせて同盟を結ぶ。 1488年景益の子の景高の代になると軽視され、再び専横が始まり、 1497年景高の跡を高勝が継ぐと専横は更にひどくなる。
1506年に古河公方、 足利政氏と子の高基が対立。 永正の乱が勃発すると、高基は妻の父である成綱に助けを求める。 これにより政氏と対立すると、 高勝政氏を支持。1511年、 宇都宮成綱の子の忠綱を擁立する高勝によって隠居に追い込まれてしまうが、 実権は宇都宮成綱が握り、1512年には高勝を誅殺する。
これにより芳賀氏が反乱を起こすが、1514年高基の協力や家臣らの働きにより粛清に成功し、支配下におくと、 宇都宮成綱は政朝と協力して高基を古河公方に就任させる。 これに対し政氏佐竹氏岩城氏を頼り、 下野国に迫るが宇都宮成綱は勝利し、政氏を失脚させる。

他の戦国武将歴史年表を探す

宇都宮成綱 グッズ

宇都宮成綱 グッズ

宇都宮成綱