脇坂安治

わきざかやすはる ( wakizaka-yasuharu )
1554 〜 1626


脇坂安治 年表



脇坂安治。近江は浅井郡の出身で、父は安明。賤ヶ岳七本槍の一人。
脇坂安治は1569年 明智光秀に従い丹後の黒井城を攻略。 同年豊臣秀吉のもとに入ると、 1573年浅井氏小谷城攻めや、 別所氏三木城攻めに参戦。
その後本能寺の変を経て柴田勝家と対立後の1583年賤ヶ岳の戦いで脇坂安治は見事な戦功を挙げ、 七本槍の一人となり、山城で三千石の知行を得る。 1585年には従五位下中務大輔に任じられ、淡路洲本三万石を得る。 それからは1587年九州征伐や、 1590年小田原攻めに参戦し、 1592年、最初の朝鮮派兵には 九鬼嘉隆加藤嘉明と共に水軍の将として脇坂安治も出陣し、 1596年朝鮮派兵にも参陣。
1598年豊臣秀吉が亡くなると、 1600年関ヶ原の戦いが起こり、 脇坂安治ははじめ西軍として参陣するが、途中東軍へと寝返り所領を安堵される。 1609年には伊予国の大洲に五万三千石に転封となり、 1626年八月六日に京都西洞院で亡くなった。

他の戦国武将歴史年表を探す


楽天で脇坂安治 グッズ

脇坂安治 グッズ

脇坂安治