柳生宗章

やぎゅうむねあき ( yagyu-muneaki )
1566 〜 1603


柳生宗章 年表



柳生宗章。新陰流二世の宗厳の四男。
1594年に父が徳川家康に召し出され、父と共に武芸を披露。 しかし柳生宗章は仕官せず、武者修行の末に小早川秀秋に仕えることになる。
柳生宗章は1600年関ヶ原の戦い秀秋を警護するが、 二年後の1602年秀秋が二十一の若さで亡くなると、 小早川家は改易されてしまう。
それからは米子藩主中村一忠の叔父であり後見役の横田村詮に客将として仕える。 しかし、1603年に佞臣、安井清一郎天野宗杷らの讒言で一忠により、 村詮が手打ちとなると、 柳生宗章は横田家臣団と共に飯山に立て篭もるが、 堀尾吉晴の助勢を得た一忠らに奮戦むなしく戦死した。
徳川家康はこの事件を聞き、 安井天野を問答無用で切腹させ、 一忠を謹慎させる。

他の戦国武将歴史年表を探す

柳生宗章 グッズ

柳生宗章 グッズ

柳生宗章