柳生宗矩

やぎゅうむねのり ( yagyu-munenori )
1571 〜 1646


柳生宗矩 年表



柳生宗矩。新陰流二世の宗厳の五男。
1594年に父が徳川家康に召し出され、父と共に武芸を披露。 その縁で宗矩は家康に仕えることになる。
1600年関ヶ原の戦いに参陣。 その功もあり、旧領の柳生庄二千石を賜る。 翌年からは二代将軍徳川秀忠の兵法指南役となり、 1615年大坂の陣にも参陣する。
1621年からは徳川家光の兵法指南役となり、新陰流を伝授。 1629年に従五位下但馬守。 1632年に大目付。それらと共に度重なる加増を受け、 1636年に一万石の大名となり、大和国柳生藩となるが、 1646年三月二十六日に亡くなってしまう。
ちなみに宗矩の長男の三厳が、かの有名な隻眼の十兵衛である。

他の戦国武将歴史年表を探す


楽天で柳生宗矩 グッズ

柳生宗矩 グッズ

柳生宗矩