柳生宗厳

やぎゅうむねよし ( yagyu-muneyoshi )
1527 〜 1606


柳生宗厳 年表



柳生宗厳。石舟斎とも。新陰流二世。父は家厳
はじめ戸田一刀斎のもとで剣術を学ぶが、 1563年に新陰流の始祖の上泉信綱と出会い、 己の未熟さを悟り弟子入り。1565年には印可を受ける。
筒井順慶松永久秀と仕え、 1566年多武峯戦いで拳を射られて負傷し、 1571年辰市の戦いで嫡男の厳勝が鉄砲で撃たれて重症を追う。 そのため宗厳は柳生に隠棲。
1594年徳川家康に召し出され、 兵法指南役として出仕を求められたが、高齢を理由に五男の宗矩を推挙した。 その後も剣に生きた宗厳は1606年四月十九日に柳生で亡くなった。

他の戦国武将歴史年表を探す


楽天で柳生宗厳 グッズ

柳生宗厳 グッズ

柳生宗厳