山口重政

やまぐちしげまさ ( yamaguchi-shigemasa )
1564 〜 1635


山口重政 年表



山口重政。父は盛政。 西国大名の大内氏の分流の祖先が、尾張に住み着いた。 山口重勝の養子となる。
山口重政は、はじめ織田信雄の家臣、佐久間正勝に仕え、 1584年小牧、長久手の戦いで尾張国大野城の守備にあたり、 豊臣軍と対峙。 1590年信雄が改易され、重政は下野まで従う。
1591年徳川秀忠に仕え、五千石を賜る。 1600年関ヶ原の戦いでは、 秀忠に従い信濃国上田城攻撃に参加。 その功により常陸国牛久一万石の大名となり、御伽衆となる。
しかし、1613年大久保長安の事件に連座されられ改易、蟄居。 1615年大坂夏の陣では、 井伊直孝に属して若江の戦いなどに参陣。 その功が認められ、1628年に常陸国牛久一万五千石の大名となり初代藩主。そして奏者番となる。 その後、1635年九月十九日に亡くなる。

他の戦国武将歴史年表を探す

山口重政 グッズ

山口重政 グッズ

山口重政