山内一豊

やまうちかずとよ ( yamauchi-kazutoyo )
1546 〜 1605


山内一豊 年表



山内一豊。織田信安家臣山内盛豊の二男。
対立する織田信長との戦いで、 1557年に兄、1559年に父を亡くし、 一豊は近江や美濃など近隣を放浪するが、 1568年美濃を統一した織田信長に仕える。 1570年姉川の戦いにて山内一豊は 木下秀吉(豊臣秀吉)の下で初陣。 1573年朝倉攻めにも従軍する。
同年浅井氏を滅ぼし秀吉が近江小谷城主になると、 山内一豊は秀吉の直臣となり、四百石 (千代とはこのぐらい時期に結婚したと言われる)。 その後も功をたてては加増され、豊臣秀次の宿老となり、 1585年六月に若狭高浜城主として一万九千八百石。 同八月には近江長浜城主として二万石を賜る。
山内一豊は1590年小田原の役にも従軍し、 遠江掛川に五万一千石賜る。 その後1595年秀次が謀反の疑いで処刑されるが、 山内一豊は無関係の立場を貫き連座を免れる。 1600年徳川家康会津征伐に参陣。 石田三成が挙兵すると、 家康方の東軍に属し、諸大名を東軍に就かせるため尽力。 その功が高く評価され、関ヶ原の戦いではさしたる戦功は無かったものの、 一豊は土佐一国二十万二千六百石を賜る。
しかし山内一豊が土佐に入ると、旧長宗我部家臣が反発。 そのため家臣雇用を上方で募り、重要な役職を旧臣で固め、長宗我部勢力を排除していく (ここから差別が幕末まで続き、山内家臣を上士。旧長宗我部家臣が下士となっていく)。 その後1605年九月二十日に高知城で病死。墓所は高知市真如寺。

他の戦国武将歴史年表を探す


楽天で山内一豊 グッズ

山内一豊 グッズ

山内一豊