吉見正頼

よしみまさより ( yoshimi-masayori )
1513 〜 1588


吉見正頼 年表



吉見正頼。父は吉見頼興。 五男の正頼は僧として暮らしていたが、兄の頼隆が亡くなり、 還俗して1540年に吉見の家督を相続。 また、主君大内義隆の娘を娶る。
しかし、大内義隆陶晴賢ら重臣との仲が悪化し、 重臣達は1551年に謀反。義隆が長門大寧寺で自害すると、 1553年に陶氏打倒を目指し挙兵。 しかし晴賢に攻め込まれ、安芸の毛利元就が陶領に攻め込んだ為、 1554年陶氏は吉見正頼と和議。 1555年陶氏が毛利氏討伐を目指し厳島へと兵を進めると、 毛利氏が奇襲。 これを破り、正頼もこれに呼応し、陶氏を滅ぼした。
その後は毛利氏に属し、 一万五千石の知行を得て1585年萩は指月に隠居。 それから三年後の1588年五月二十二日に亡くなった。

他の戦国武将歴史年表を探す

吉見正頼 グッズ

吉見正頼 グッズ

吉見正頼